2011年(平成23年度)からの外国語活動

いよいよ小学校でも英語の授業が2011年4月から 小学5,6年生を対象にスタートします。
昭和60年代から課題であった小学校での外国語教育は、20年間の経過を経て、新設することになりました。
小学校で学ぶ2年間の英語カリキュラムはシンプルな内容ですが、本格的にスタートすると どうなるか見守りたいと思います。 2009年度の小学3,4年生が対象からが対象になってきます。

このページでは外国語活動に関する内容の事柄(サイト、ニュース、テキスト)など載せていきたいとおもいます。

2009年4月より水曜日7時から 外国語活動の英語ノートに基づいたレッスンを行います。
詳しくはお問い合わせ下さい。


文部科学省関連サイト

文部科学省では、平成20年3月28日に小学校学習指導要領の改訂を告示し、新学習指導要領では小学校5・6年で週1コマ「外国語活動」を実施することとしました。
 外国語活動においては、音声を中心に外国語に慣れ親しませる活動を通じて、言語や文化について体験的に理解を深めるとともに、積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度を育成し、コミュニケーション能力の素地を養うことを目標として様々な活動を行います。
 本サイトでは、全国の地域・小学校の取組や、拠点校で先行して使用している英語ノート(試作版)に準拠した教材(絵カード)等を掲載し、外国語活動に関する情報提供を行います。

 PDF資料

学級担任の役割

新学習指導要領では「指導計画の作成や授業の実施については、学級担任の教師又は外国語活動を担当する教師が行うこととし、授業の実施に当たっては、ネイ ティブ・スピーカーの活用に努めるとともに、地域の実態に応じて、外国語に堪能な地域の人々の協力を得るなど、指導体制を充実させること」と明記されてい ます。
 小学校の担任の先生がメインになって進めていきますが、実際先生によって英語が得意だったり、苦手だったりとばらつきが出そうです。2011年に先駆け研修など地域別に行われているみたいですが、間に合うのでしょうか?
担任の先生がどれだけ準備し、楽しく学べる環境を作り出すのが最大の鍵になりそうです。


  • 2011年度 5・6年生対象
  • 週に1回の外国語活動実地
  • コミュニケーション能力向上目的

コメント

基本的に語学を習得することは、難しいことではありません。母国語(日本人の場合、日本語)がしっかり理解していれば、比較的理解は早いと思われますが、国語があまり得意でない子には、実際不得意になってしまうことも考えられます。
5年生、6年生で学ぶ基本会話は簡単な内容ですが、1クラス30人前後のクラスで、何人の子がちゃんと理解できるか、理解できない子へのフォロー等が気がかりです。
それに加え、早い子では就学前から個人で英会話教室に通い始め、5年生、6年生になった時点で、英会話・英語を勉強したことがある、ないで差がつくことも考えられます。
子供たちに無理なく学べる内容のカリキュラムを考えていきたいものです。

  • What is your name? My name is....... Nice to meet you. にはじまり
  • What do you want to be? I want to be a pilot. で終わる